明治維新150年!!

西紀サービスエリア下り線の末永です。

この度の、西日本での豪雨で被害に遭われた皆様

心よりお見舞い申し上げます。

1日でも早くお立ち直りになりますようお祈り申し上げます。

ここ篠山市にも避難勧告が出され、交通網にも影響を及ぼし不安な日々が続いていました。

おかげさまで今は何とか通常営業に戻りつつあります。

レストラン丹波路野菜食堂では

明治維新150年を記念し「みちグルメ夏の陣」と題しまして

「すき煮丼~農村部・食の文明開化~」を販売中です!

また、9/2まで開催中のご当地お肉フェアの対象商品でもあります!!

すきに丼

明治維新を代表する食べ物である「牛鍋」が

日本独自の調理法で生まれ変わったとされるすき焼きを、どんぶりにアレンジしました。

明治維新後、大きな食文化の変化である肉の解禁。

しかし農村部にはなかなか広がらず、解禁後もご飯、汁物、漬物、総菜中心の食文化が続きました。

少しずつ農村部を中心に浸透していく「肉を食べる文化」をイメージして作りました。

まずは、そのままで!次にふわふわの卵をかけてお召し上がりください♪

食べられることの幸せを感じて、味わってみたいですね♪

西紀サービスエリア下り線はFacebookページも更新しています

光明興業(株)のFacebookページはこちらです

LINEで送る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加